ときわの米国株資産運用

米国株成長株投資を中心としつつ日々の資産運用結果を報告していきます。ファンダメンタル、テクニカル分析もします。投資は自己責任でお願いします。

【銘柄分析】レッド・バイオレット(RDVT)の企業分析

RDVT(レッド・バイオレット) (RED VIOLET)

今日はかなりマイナーな銘柄を紹介します。

2018/3月に上場した、従業員数が107人と小さなソフトウェア企業です。

 

ファンダメンタル分析

以下は楽天証券の企業情報から抜粋です。

 

ウェブサイト
電話番号
+1 561-757-4000
従業員数
107
代表者役職名
Chairman of the Board, Chief Executive Officer
代表者氏名
Derek Dubner
業種
ソフトウェア
時価総額(百万ドル)
273.46
売上高(百万ドル)
30.29
企業価値(EV)(百万ドル)
261.83
当期純利益(百万ドル)
-11.08
EBITDA(百万ドル)
-8.28
事業概要
レッド・バイオレット(Red Violet, Inc.)はソフトウェアとサービス会社である。
事業内容
同社は、大規模なデータ分析、クラウドベース、ミッションクリティカルな情報ソリューションを各業界の企業に提供する。同社は、クライアントの問題を解決するために、技術プラットフォームを活用してデータをインテリジェンスに変換することに重点を置く。同社は、インテリジェントプラットフォームCOREを通じて、分析機能を利用して異種データポイントの関連性を明らかにし、人、企業、資産及びそれらの相互関係のリアルタイムかつ洞察的な見解を提供する。このプラットフォームにより、市場と業界全体の顧客は、リスクの管理、詐欺と虐待の特定、法令遵守の確保、債務回収まで、ビジネスのあらゆる側面を実行することができる。
決算概要
BRIEF: For the six months ended 30 June 2020, Red Violet Inc revenues increased 26% to $16.4M. Net loss decreased 23% to $4M. Revenues reflect an increase in demand for the Company's products and services due to favorable market conditions. Lower net loss reflects depriciation decrease of 8% to $118K (expense). Basic Earnings per Share excluding Extraordinary Items increased from -$0.51 to -$0.35.

損益計算書

(単位:百万ドル

2016/12 連
2017/12 連
2018/12 連
2019/12 連
同業種平均
発表日時
2017/11/06
2018/03/27
2019/03/07
2020/03/12
--
決算期 連・単
--
売上高
4.59
8.58
16.30
30.29
1,801.54
売上原価
4.31
7.07
8.64
12.26
568.85
12.52
21.87
13.16
26.35
522.56
営業利益
-16.90
-21.50
-7.49
-11.21
412.91
税引き前当期利益
-16.90
-21.50
-6.87
-11.08
393.21
当期利益
-16.86
-21.50
-6.87
-11.08
324.08
0.22
0.27
0.27
0.25
95.19
研究開発費
--
--
--
--
315.21
EPS
-1.63
-2.09
-0.67
-1.03
-0.26
潜在株式調整後EPS
-1.63
-2.09
-0.67
-1.03
-0.27
一株当り配当
0.00
--
--
--
0.47

貸借対照表

(単位:百万ドル

資産の部
2016/12 連
2017/12 連
2018/12 連
2019/12 連
同業種平均
0.23
0.07
9.95
11.78
587.90
短期投資
--
--
--
--
1,602.09
現金・短期投資
0.23
0.07
9.95
11.78
1,401.70
売上債権
0.69
1.65
2.27
3.54
407.64
--
--
--
--
78.00
その他流動資産
--
--
--
--
163.22
1.70
2.27
13.15
16.04
1,983.90
有形固定資産合計(純額)
0.85
1.09
0.85
3.28
482.08
無形固定資産
9.48
15.35
19.97
24.03
251.86
総資産
18.71
25.13
39.83
48.87
4,081.49
負債の部
         
短期有利子負債
--
--
--
--
195.20
流動負債合計
3.49
7.39
3.55
4.33
978.35
固定負債(長期借入負債)
0.00
0.00
0.00
0.00
1,131.86
負債合計(有利子負債+支払手形)
0.00
0.00
0.00
0.00
1,229.40
繰延法人税
--
--
--
--
52.24
少数株主持分
--
--
--
--
40.07
その他負債
--
--
--
2.46
463.62
負債及び少数株主持分の合計
3.49
7.39
3.55
6.79
2,576.90
資本の部
         
資本金
--
0.00
0.01
0.01
471.45
資本余剰金
--
0.00
41.05
59.19
1,020.64
利益剰余金
--
0.00
-4.78
-15.86
321.37
純資産合計
15.22
17.74
36.28
42.08
1,504.59
負債及び資本合計
18.71
25.13
39.83
48.87
4,081.49
--
--
--
--
--
総資産経常利益率
-90.14
-85.57
-17.24
-22.66
7.94
-110.82
-121.22
-18.93
-26.32
21.54
発行済み普通株式合計
10.27
10.27
10.27
11.55
174.80
発行済み優先株式合計
--
--
--
--
2.38
従業員数
--
83.00
95.00
107.00
4,863.89

 

まず、売上高はY/Yが約100%を3年続けているということで大変優秀です。その割に従業員数の増加は緩やかなのもGOODです。それだけ優秀な人材を集約できているということは、今後大幅に事業拡大に踏み切った際に成功する確率も高まります。

 

企業概要としては「技術プラットフォームを通じてデータをインテリジェンスに変換してクライアントの課題を解決する」ということで、今流行りのビッグデータの分析に特化したソフトウェアを作っているようです。

 

ライバルは多いので埋もれてしまわないかが気になるところです。今後も売上高推移を注視し、業界平均と比べて劣るようなことがあれば即見切りをつけたほうが良いです。結構博打な銘柄なので、買うならほんの少しにしておくべきでしょう。

 

 

テクニカル分析 

10月頭よりゴールデンクロスをつけてから伸び続けています。

今はRSIが75とかなりの高値圏に来ているので、新規で購入するのは避けたほうが無難です。

私はいつもどおり、MACDデッドクロス、RSIが50を切るぐらいのタイミングで売る予定ですが、そこに至るまでのチャートパターンによって売買戦略を考えていきたいと思います。今はしばらくは静観します。

f:id:ekeche:20201020001353p:plain

 

 

 

↓よければクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 成長株へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ