ときわの米国株資産運用

米国株成長株投資を中心としつつ日々の資産運用結果を報告していきます。ファンダメンタル、テクニカル分析もします。投資は自己責任でお願いします。

時価総額が低い小型成長株を紹介!米国ヘルスケア企業編

 

本日は時価総額が低い、売上成長率高い成長株の中で、結構マイナーなんじゃないかと思う銘柄を紹介していきたいと思います。上場企業一覧を目視で一通り眺めていまして、今日はヘルスケア企業に絞って紹介してきたいと思います。

時価総額が低いということは、その企業の事業領域においてシェア拡大がうまくいって事業が軌道に乗り、株価が上がった場合の伸びしろが大きいということでもあります。例えばアマゾンの株も20年前から1000倍以上に膨れ上がっていますし、長い目線で夢を見るには良い投資対象だと思います。

長期分散投資の一つとして、少額だけ投資してみるのも良いんじゃないでしょうか。もしかしたら将来のアマゾンみたいな銘柄も含まれているかもしれませんよ。

くれぐれも投資は自己責任でお願いします。この紹介きっかけで買って損をしても当方は責任を負えません。

 

 

選定基準は以下となります。

・小型 :時価総額50億ドル以下

・成長株:売上成長率年率100%前後以上

 

一部上記条件に入っていない銘柄も含まれていますが悪しからず。

 

ソフトウェア編は以下です。

american-stock.hatenablog.com

 

 

キャッスル・バイオサイエンシズ(CSTL)

時価総額:9.2億ドル

■PSR:17.8

■年成長率(直近):+127%

2017/12 連
2018/12 連
2019/12 連
--
同業種平均
発表日時
2019/06/26
2019/06/26
2020/03/10
--
--
決算期 連・単
--
--
売上高
13.75
22.79
51.87
--
3,109.93
売上原価
4.92
5.30
7.31
--
2,307.76
15.18
16.35
29.77
--
523.50
営業利益
-10.90
-3.84
12.54
--
114.45
税引き前当期利益
-12.36
-6.36
5.35
--
104.36
当期利益
-12.37
-6.37
5.28
--
114.89
0.27
0.29
0.35
--
66.81
研究開発費
4.47
4.85
7.38
--
107.89
EPS
-0.95
-0.63
0.17
--
-3.02
潜在株式調整後EPS
-0.95
-0.63
0.17
--
-3.04
一株当り配当
0.00
0.00
--
--
1.08

 

■日足チャート

f:id:ekeche:20201124013615p:plain

CSTL


■週足チャート

CSTL



 

■総評

キャッスル・バイオサイエンシーズは米国のバイオテクノロジー企業です。皮膚ガンの転移および再発のリスクを予測する遺伝子発現プロファイル(GEP)テストの開発、商品化を目指しており、同社の検査は特定のリスクの評価および臨床的に実行可能なゲノム情報を提供することで、より正確な治療計画の決定を可能にさせる、ということみたいです。

2019年後半に上場後、堅調に株価を伸ばしていますが、短期的には弱気入りしているので一旦様子見がベターです。

■おすすめ度

 短期:★☆☆☆☆

 長期:★★★☆☆

 

 

 

 

 

ガーダント・ヘルス(GH)

時価総額:108億ドル

■PSR:50.7

■年成長率(直近):+136%

2016/12 連
2017/12 連
2018/12 連
2019/12 連
同業種平均
発表日時
2018/09/21
2018/09/21
2019/03/12
2020/02/24
--
決算期 連・単
--
売上高
25.25
49.84
90.64
214.38
169.43
売上原価
22.12
31.62
43.21
70.72
187.62
36.11
69.27
89.66
139.73
60.07
営業利益
-43.85
-81.69
-88.69
-82.37
-42.70
税引き前当期利益
-46.13
-83.21
-84.23
-69.72
-41.61
当期利益
-46.14
-83.22
-85.06
-75.65
-43.08
3.69
5.21
7.14
11.41
4.63
研究開発費
10.86
25.56
50.71
86.29
89.65
EPS
-0.55
-1.07
-0.99
-0.84
-4.01
潜在株式調整後EPS
-0.55
-1.07
-0.99
-0.84
-4.03
一株当り配当
0.00
0.00
--
--
0.10

 

■日足チャート

GH



■週足チャート

GH

■総評

ガーダント・ヘルスは米国のがん遺伝子検査企業です。がん患者の血液サンプルを用いて腫瘍遺伝子を解析する、リキッドバイオプシー(血液による生体検査)の開発を手掛けており、主力製品には、がん細胞由来の血中腫瘍DNAから、特定の遺伝子変異を測定する分子診断「ガーダント360」などがあるそうです。

2018年に上場以来から4倍程まで株価を伸ばしています。短期的にはゴールデンクロスを形成しそうで、さらなる上昇局面に入りそうな状況にありますが、週足のRSIがまあまあ高い領域に来ていますので買い過ぎは禁物かと。PSRも50倍を超えており割高と判断します。今回紹介する中では時価総額がちょっと高めですが、3年間成長率100%を維持し続けている成長力には目を惹かれます。今後も業績推移には要チェックです。

 

■おすすめ度

 短期:★★★☆☆

 長期:★★★★☆

 

 

 

 

ヘルスエクイティー(HQY)

時価総額:52.5億ドル

■PSR:9.87

■年成長率(直近):+85.2%

2017/01 連
2018/01 連
2019/01 連
2020/01 連
同業種平均
発表日時
2017/03/21
2018/03/19
2019/03/18
2020/03/16
--
決算期 連・単
--
売上高
178.37
229.53
287.24
531.99
1,791.02
売上原価
72.02
94.61
106.05
206.08
565.62
38.47
48.25
62.54
104.51
519.50
営業利益
41.21
54.42
77.67
36.20
410.58
税引き前当期利益
40.12
52.19
75.82
43.16
390.41
当期利益
26.38
47.36
73.90
39.66
322.28
2.05
2.80
3.50
8.90
94.92
研究開発費
22.38
27.39
35.06
77.58
312.19
EPS
0.45
0.79
1.20
0.59
-0.18
潜在株式調整後EPS
0.44
0.77
1.17
0.58
-0.19
一株当り配当
0.00
--
--
--
0.46

 

■日足チャート

HQY



■週足チャート

HQY



■総評

ヘルスエクイティーは米国で医療関連のITサービスを提供する企業です。医療保険プラン向けにクラウドベースの医療貯蓄口座、医療費払戻口座、フレキシブル支出口座、健康維持奨励口座のプラットフォームを提供しています。ヘルスケアセクターというよりITに近いかもしれません。

2014年に上場以来、2018年末にかけて5倍程の株価の上昇を記録しましたが、そこから緩やかなダウントレンドを描いています。最近は月足ベースでゴールデンクロスに入るかもしれない状況になってきましたので、再度長期的に伸びていく可能性はあるかもしれません。短期的には2週間前ぐらいならエントリーして良かったと思いますが、今は微妙かと。

 

■おすすめ度

 短期:★★☆☆☆

 長期:★★★☆☆

 

 

 

 

インモード(INMD)

時価総額:15.8億ドル

■PSR:10.1

■年成長率(直近):+56%

2016/12 連
2017/12 連
2018/12 連
2019/12 連
同業種平均
発表日時
2018/11/08
2019/07/29
2019/07/29
2020/02/18
--
決算期 連・単
--
売上高
23.08
53.46
100.16
156.36
1,377.67
売上原価
5.65
9.05
15.06
20.24
685.91
14.30
32.88
49.44
70.81
396.11
営業利益
0.67
8.95
23.49
59.62
203.11
税引き前当期利益
0.67
9.80
23.63
62.04
183.51
当期利益
0.34
8.82
22.37
61.15
212.33
0.15
0.20
0.18
0.30
38.24
研究開発費
2.46
2.58
4.18
5.70
125.15
EPS
0.01
0.26
0.70
2.09
-5.46
潜在株式調整後EPS
0.01
0.26
0.70
1.61
-5.47
一株当り配当
0.00
0.00
0.00
--
0.37

 

 

■日足チャート 



■週足チャート 

INMD

 

■総評

インモードはイスラエルの医療機器メーカーです。高周波を使用した低浸襲性医療機器を開発、製造、販売しており、同社の機器は脂肪分解、深層皮下脂肪組織改造、皮膚の引き締めと同時に行う脂肪分解、深部加熱によるコラーゲン組織改造等を目的に顔を含む首、腹部、上腕、太腿などさまざまな身体部分に使用されるそうです。

成長率は今回紹介する中では低いですが、現時点で30%以上の利益を確保しているのがすばらしいです。粗利益率も87%程と高く、収益性の高いビジネスを展開できていることが伺えます。短期的には買い場ではないでしょう。

 

■おすすめ度

 短期:★★☆☆☆

 長期:★★★★☆

 

 

 

プログニー(PGNY)

時価総額:25.4億ドル

■PSR:11.1

■年成長率(直近):+118%

2016/12 連
2017/12 連
2018/12 連
2019/12 連
同業種平均
発表日時
2019/09/27
2019/09/27
2019/09/27
2020/03/05
--
決算期 連・単
--
売上高
22.11
48.58
105.40
229.68
66,730.28
売上原価
21.37
41.18
85.97
184.18
16,472.86
15.28
18.41
22.89
33.43
9,289.26
営業利益
--
-11.01
-3.45
9.68
4,089.10
税引き前当期利益
-14.86
-12.46
-6.89
-8.56
3,692.38
当期利益
--
-12.45
0.66
-8.57
2,862.85
--
0.08
0.40
0.65
431.25
研究開発費
--
--
--
--
2.81
EPS
--
-0.16
-0.14
-0.10
8.10
潜在株式調整後EPS
--
-0.16
-0.14
-0.10
7.97
一株当り配当
0.00
0.00
0.00
--
2.38

 

■日足チャート 

PGNY



■週足チャート

PGNY

 

■総評

プログニーは米国の生殖医療関連サービス企業で、不妊治療において専門家と患者との橋渡しをするほか、体外受精卵子凍結保存など、企業で働く多忙な女性のスケジュールに合わせた処置や効果的な治療ができるようアドバイスやソリューションを提供しています。私感ですが、不妊治療のビジネスは顧客に比較的富裕層が多く、将来的な需要の増加も見込まれているため要チェックだと思っています。短期的には少し前から上昇トレンドに入っています。今からエントリーは遅い可能性もあります。

 

■おすすめ度

 短期:★★★☆☆

 長期:★★★★☆

 

 

 

 

 

パーソナリス(PSNL)

時価総額:11.4億ドル

■PSR:17.5

■年成長率(直近):+72.9% 

2017/12 連
2018/12 連
2019/12 連
--
同業種平均
発表日時
2019/05/23
2019/05/23
2020/03/25
--
--
決算期 連・単
--
--
売上高
9.39
37.77
65.21
--
169.43
売上原価
11.74
25.97
43.13
--
187.62
9.90
11.27
22.08
--
60.07
営業利益
-22.16
-18.43
-24.12
--
-42.70
税引き前当期利益
-23.59
-19.88
-25.08
--
-41.61
当期利益
-23.60
-19.89
-25.08
--
-43.08
1.22
3.07
4.75
--
4.63
研究開発費
9.92
14.30
22.42
--
89.65
EPS
-0.83
-0.70
-1.39
--
-4.01
潜在株式調整後EPS
-0.83
-0.70
-1.39
--
-4.03
一株当り配当
0.00
0.00
--
--
0.10

 

■日足チャート 

PSNL



■週足チャート

PSNL

 

 

■総評

パーソナリスは米国のゲノム解析サービスプロバイダーで、バイオ医薬品企業に対し、がん患者のがんと免疫反応に関する包括的な分子データによる免疫ゲノム解析・分析データを提供しています。同社のプラットフォームImmunoID NeXTによって、個別化がんワクチンおよびその他の次世代がん免疫療法の開発をサポートしています。2019年に上場以来コロナショックまで下がり続け、そこから上昇し続けているという特徴的な週足チャートを形成していますが、テクニカル的にはあまり方向感がない状態に有るかと思います。

 

■おすすめ度

 短期:★★☆☆☆

 長期:★★★☆☆

 

 

 

 

 

ショックウェーブ・メディカル(SWAV)

時価総額:32.9億ドル

■PSR:76.7

■年成長率(直近):+251%

2017/12 連
2018/12 連
2019/12 連
--
同業種平均
発表日時
2019/02/25
2019/02/25
2020/02/13
--
--
決算期 連・単
--
--
売上高
1.72
12.26
42.93
--
3,109.93
売上原価
2.84
7.25
17.16
--
2,307.76
11.79
23.52
44.75
--
523.50
営業利益
-30.87
-41.20
-51.84
--
114.45
税引き前当期利益
-30.59
-41.06
-51.05
--
104.36
当期利益
-30.62
-41.10
-51.11
--
114.89
0.47
0.70
1.34
--
66.81
研究開発費
17.96
22.70
32.85
--
107.89
EPS
-1.14
-1.53
-2.14
--
-3.02
潜在株式調整後EPS
-1.14
-1.53
-2.14
--
-3.04
一株当り配当
0.00
0.00
--
--
1.08

 

■日足チャート

SWAV

 



■週足チャート

SWAV

 

■総評

ショックウェーブ・メディカルは米国の医療機器メーカーです。心臓血管疾患に注力し、末梢血管、冠血管、心臓弁の石灰化プラークを治療するための血管内砕石技術の開発・製品化に従事しており、主な製品には、末梢動脈疾患治療用のM5カテーテルおよびS4カテーテル、冠動脈疾患治療用のC2カテーテルがあります。PSRが76.7と高く、期待感で株価が上がっていることが伺えます。短期的には上昇トレンドの中にありますが、11月初頭に買えたら一番良かったですが今からエントリーするのは博打に近いと思います。週足のRSIも80台と、割高感が拭えません。成長性は良いんですが・・・

 

■おすすめ度

 短期:★★☆☆☆

 長期:★★★☆☆

 

 

 

 

最後に

気になる銘柄はありましたでしょうか?今日紹介した中ではなかなか短期的に買えるような銘柄がなかったのが残念ですが、いずれも成長性は高く、長期的には期待できる銘柄であることには間違いないので、業績とチャートを見つつ投資のタイミングを伺っていきたいと思います。

今回、ヘルスケアセクターの小型成長銘柄ということで紹介から外しましたが、ペロトン(PTON)という会社が今は面白いかと思っています。そろそろ短期的に再度上昇局面に入りそうで、成長性も素晴らしいです。前に以下の紹介記事を書いています。

 

american-stock.hatenablog.com

 

 

 

今回紹介した銘柄は急上昇する可能性も秘めていますが、同時に会社自体が頓挫して株が紙切れになる可能性もあるので、集中投資はせず、少額で分散することが大事だと思います。またしつこいようですが、くれぐれも投資は自己責任でお願いします。

 

 

 

↓よければクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 成長株へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ